おやぢのおやぢによるおやぢのための組合


by nabeZZZ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
欽ちゃんがゴールデンゴールズ辞めるとよ。



選手達の再就職、最後の一人まで面倒みるんだろうなあ…。



ホンマもんは違うな。
世の中のヒヨッコ芸人は自分が本当に必要とされ、
笑いで食って行くだけの価値があるか、
しっかり胸に手を当てて考えて見るべし。
[PR]
# by nabeZZZ | 2006-07-19 22:01

2年後、彼は戻ってくる

<中田英寿>現役引退を表明

代表引退なら4年後は33歳と微妙な年齢だから別に驚きもしないけども、
現役を引退するってのは驚いた。

本当の気持ちはわからないが、概ね以下のようなものだろうか。

(1) サッカーだけでやってきた「自分の限界」

サッカー以外にも積極的に関わってきても、
やっぱりサッカー以外は「素人レベル」。
サッカー以外でも能力があるところを示したい。

(2) 才能に倦んだものだけが感じる「無常観」

誰も回りがついてこない。理解されない。
W杯でもリーダーシップを発揮しようとして失敗。

(3) 彼特有のナルシズム

「若くして惜しまれつつ」「キレイな引き際」
にこだわってる。



でもね、彼は判断を誤っていると思う。

HPの文章である。

本当に自分の限界を感じ、キモチと裏腹に
ピッチを去らざるを得ない、というところが
感じられない。

そこにあるのは「かっこつけ」と「未練」だけだ。

本当に納得して身を引くものは、もっとキモチが
最後の言葉に滲み出るものではないか。

千代の富士、長嶋茂雄、ルー・ゲーリック・・・

三浦カズはまだサッカー現役にこだわっている。
これは納得できるまで現役にこだわる「プロ」の
本来の姿である。

「ナカタ」は結局カズの足元にも及ばないのだ。

そもそも今のままでは「ナカタ」は「ナカタ」であることさえ、
証明できていないのである。



マイケルジョーダンも何度も引退しては戻ってきた。
正直かっこ悪いと思うけど、その都度素晴らしい
パフォーマンスを見せてきた。ウィザーズの時でさえ
並みの選手より凄かった。

多分日本は次回のW杯に向けて苦戦するだろう。
Jリーグもひょっとすると凋落傾向になるかもしれない。

そこで「引退撤回」でピッチに戻り、若手と一緒に汗をかくこと。
そして日本代表、W杯出場に意地を見せること。
これこそが「ナカタの証明」となると思う。

ファンは静かに待とうではないか。

そして「ナカタ不在」のこのときこそ、若手には
チャンスとして奮起してもらいたい。
[PR]
# by nabeZZZ | 2006-07-04 08:57 | おやぢ呟き

ラーメン せい家

c0049502_1922481.jpg

コッテリ太麺、家系ラーメン。


しかし、酒飲みすぎの終電野郎には
少し濃すぎるのでした…。

次は「アブラ少な目」でオーダーしよう。
[PR]
# by nabeZZZ | 2006-04-20 19:22

愛国心は教えるものか?

愛国心は教えるものじゃない。

何故ならおいしい、楽しい、といった「感情」に過ぎないからだ。
その感情を呼び起こすには感性を育てる必要がある。


そういう意味では小学校から英語教育というのは間違いだね。
外国人とのコミュニケートの機会提供なら理解するが、
日本人がえーびーしー教える事で何が得られる?
国際人が育つか?
一年生から算数をやってるけど、数学者は何人いる?
秀逸な映画でもみた方が余程役に立つ。

時間は有限なのだから、使い方を考えて欲しい。

と久しぶりに小学校に関わりだした者の意見。
[PR]
# by nabeZZZ | 2006-04-13 13:51 | おやぢ呟き

うま~中華そば「井上」

c0049502_2125046.jpg

今日は築地にお仕事。

ついでに評判のラーメンを食べに行きました。

結構化学調味料を入れてましたが(笑)
意外とアッサリ。

チャーシューもアッサリ。

うーん、いいかも。
[PR]
# by nabeZZZ | 2006-03-23 21:02 | おやぢ呟き

今更だけど

素晴らしかったぜ!日本代表!
オーダー見直して、勝つ信念を持てばほら。




日曜日王監督「代打福留」で○○○○と叫んだ私を許してください。
[PR]
# by nabeZZZ | 2006-03-21 20:00 | おやぢ呟き
WBCメキシコが米国破る

WBCで韓国戦に破れた後、怒りに任せてネタを書いたのだが、
あまりにも悔しく、内容が破綻しているので、アップするのをやめました。


まあ、あれだ。日曜日はまた楽しい野球が見られそうじゃないか。


ありがとうメキシコ。

そして

目医者行けデービッドソン審判

ついでに

王監督、オーダー見直してください。

昨日の冷静さを欠いた文章はこちら
[PR]
# by nabeZZZ | 2006-03-17 13:00 | おやぢ呟き
「頭は低く、目は高く、 口慎んで心広く、

孝を原点として他を益する」


今日知ったばかりの言葉です。
極真空手創始者 大山倍達の言葉だそうです。

これが「極真精神」の根幹らしいのですが、
ある記事を読んで、これが空手だけに通じるものでは
ないのだと気がつきました。

「村主と荒川、和解」

天才・荒川と努力の人・村主という二人は、互いに
代表の座を争ったことがあるということで、同じ大学の
先輩後輩にも関わらず、特に仲が良いというわけではなかったようです。
しかし最近は互いを素直に評価する言葉がでるとの内容。

個人競技でオリンピッククラスというのは、仲良しクラブ
ではいられないのは当然ですが、上記のような記事を読むと
二人とも世界の大舞台での戦いにより、数年間で実力だけでなく
精神も成長しているのだなあと思います。

確かに事前のインタビューなどを聞いていても、この二人は
他競技の代表選手とは違い、非常に落ち着いたオーラを
放っています。

「オリンピックを楽しみたい」「メダルは関係ない」
なんてフザケタ選手たちとは幾味も違う。
そしてこれが大舞台での活躍に繋がると納得できるのです。

オリンピックでフィギュアのメダルとなると、伊藤みどりさん
以来ということで、かなり高いハードルなわけですが、
なんか二人とも軽々と越えて来そうなイキオイがあります。
楽しみです。


まあ4回転跳ぶとか跳ばねえじゃなくてさ、基本的で大切な
ことがもっとあるってことだな。
安藤選手は先輩の背中で学ばせてもらうべきだな。
[PR]
# by nabeZZZ | 2006-02-22 16:12

AtoZ-1グランプリ

A-1 GP
かつてF-1GPで活躍したドライバーたちが参戦する、
ワンメイクレース。


B-1 GP
B級ご当地グルメの祭典

C-1 GP
首都高(環状1号線)の暴走ゲームの名前
カレーグランプリ

D-1 GP
ドリフトキングを決めるレース。

E-1 GP
演劇を短編で競うライブ

F-1 GP
言わずもがなの本家本元。

G-1 GP
「G-1グランプリ05『ネタではない真剣勝負グラビア美女(秘)女祭り
100万争奪でマジ切れ水着乱舞&極リコ涙!!インリン』」
・・・なんだこれは?

H-1 GP
「ハッスル!ハッスル!三枝のH-1グランプリ対抗戦!」
咄家か。なるほど。

I-1 GP
「らぶドル」というゲームにでてくる架空のアイドル決定戦。

J-1 GP
Jリーグ公式のファンサイトで行われている勝敗予想。

K-1 GP
言わずもがな・・・立ち技最強を決める。
「KARATE」「KICK」「KUNGFU」の頭文字。
カンフー使いは見たことね。

L-1 GP
最強のラブレター王者決定戦。
・・・ちょっと読んでみたい気がする。

M-1 GP
言わずもがな・・・漫才最強?を決定する。
昨年の勝者はブラックマヨネーズ。

N-1 GP
埼玉で行われている草サッカーの大会。

O-1 GP
大喜利No.1を決める・・・。
どうでもいい。

P-1 GP
ピンク映画No.1決定戦。
昨年の勝者は「団地妻 不倫でラブラブ」

Q-1 GP
意外とそれらしいのがない。

R-1 GP
ピン芸人最強を決定する。
昨年の勝者はほっしゃん。

S-1 GP
「魂のワンスプーンSP最強料理人!正月決戦S-1グランプリ!!」
スプーンの上に料理を作って、競うという番組だったらしい。
おもしろそうだなあ。
「シナリオS1グランプリ」というのもある。

T-1 GP
「最強の格闘Tシャツを決定するデザインコンテスト」
ふーん。
「きみが選ぶインターネット家庭教師」ふーん。

U-1 GP
アームレスリング最強決定戦。
もしくは、松任谷由美のラジオ番組の企画。

V-1 GP
音楽の卵発掘計画 V(ヴォーカリスト)-1グランプリ

W-1 GP
昔プロレスの企画があったけど、どんなだっけ?

X-1 GP
そういえば昔「シャープX-1」てパソコンがあった。

Y-1 GP
矢口真理のラジオの企画とか、
屋台グランプリとか。

Z-1 GP
「雑巾がけグランプリ Z-1 in うわ」
いいじゃん。参加したいす。
[PR]
# by nabeZZZ | 2006-02-03 19:43 | おやぢ呟き
北斗の拳といえばケンシロウでアタタタでヒデブッな
わけですが、作者の名前を覚えてらっしゃいますか?

作:武論尊
画:原哲夫

作家名は「ブロンソン」と読みます。小学生のときはそんな読み方を
するとは全く思っていなかったなあ。てか常識なのか?

今Wikiで調べたら別ネームで「ファントム無頼」(新谷かおる)や
「サンクチュアリ」(池上遼一)の原作もやっていて、軽く驚いてみたり。

しかし今日注目すべきはあの「ハート様」「ラオウ」「ジャキ」「トキ」などの
キャラを生み出した「原哲夫」先生の話である。

他の作品としては「花の慶次」「影武者徳川家康」(いずれも隆慶一郎)
があるのだが、あまりにもカッコいい、ネオ劇画チックな画風を特徴とする。
いつも主人公が同じ顔、というのは華麗にスルー。

その方が取り組んでいる新しい作品に「森の戦士 ボノロン」がある。

まあ説明ページをご覧ください。
「ポラメル-親子を結ぶコミュニケーションマガジン-」



「南斗五車星、山のフドウ」と思ったあなたは1アタタ獲得である。
きっと死兆星が見えるはずである。

いやいやそういう話ではないのだ。
やさしい森の戦士ボノロンが織り出す素敵なストーリーであり、
セブン銀行が協賛して全国セブン-イレブンの店舗でタダで配られる
絵本なのである。

絵も思ったより優しいのだが、ストーリーが結構泣かす方向で
作られている。
タダということもあって、毎回必ずカミサンが持ってくる。
いや良い絵本だからいいんだけどね。

そうそう、上記のURLでWeb絵本もあるのでチョット読んでみたまえよキミ。

・・・

どう?泣けました?

泣けなかった?
なら、きっと死兆星が見えるはずである。


我が家では絵本読みは父の仕事である。
神谷明になったつもりで情感込めて読む。
東方力丸のように金をもらえるぐらいに気合をいれる。
それでやっと子供にキモチが伝わるのである。

事実、先日寝転んでだらりんしながら読んでいたにも関わらず、
静かに聴いていた下の子3歳は静かに涙を流していた(実話)
読み終わると私にしがみ付いてワンワン泣いた(実話)

まさに絵本読み冥利に尽きる。
そんなキモチにさせてくれる作品であります。

☆☆☆

さてWikiの原哲夫先生の項も読んでみたのだが、

「いとこにはお笑い芸人のふかわりょうがいる」

笑いすぎてひでぶっ!
[PR]
# by nabeZZZ | 2006-01-31 19:07 | おやぢ呟き